むし歯治療

むし歯は早期発見・早期治療が大切です。

むし歯の程度と治療法

エナメル質(歯の表画)のムシ歯

C1治療法

エナメル質は知覚がなく、 ほとんど自覚症状がない ので、つい放っておきがちです。しかし、この程度のときに治療しておけば痛みもなく、簡単です。初期のムシ歯はエナメル質の溝の中にできることが多いです。

象牙質(神経に近い)ムシ歯

C2治療法

虫歯がエナメル質を越えて象牙質に広がると  冷たいものや、甘いものがしみます 。このころまでに治療をすれば、わりとはやく治ります。虫歯が神経(歯髄)まで達する前に治療を受けて下さい。

神経(歯随)まで進んだムシ歯

C3治療法

たえず激痛になやまされます 。歯髄(神経)がおかされているので、歯髄をとってしまうことも多く、治療に時間がかかります
神経(歯髄)を侵す程の虫歯になると歯冠はほとんど壊されて腐っています。そのため、冠をかぶせて保護しなければなりません。

歯根まで進んだムシ歯

C3治療法

痛みを伝える歯髄(神経)そのものが腐ってしまうとそれまでの 激痛は一時的におさまることもあります 。
根の先が化膿したり、歯根膜炎を併発していれば、 噛んだときに痛くなったり、 重症の時は たえず激痛になやまされます。

骨 ( からだ中 ) まで進んだムシ歯

根の先にウミの袋ができることも多く、手術抜歯をすることもあり治療は困難となります。神経の孔を通して顎の骨に細菌が感染しますと 顔が大きく腫れて骨膜炎を起こす ことがあります。こうなると歯の病気と言うより骨の病気です。歯の根の先のばい菌や毒素が、血液を介して、心臓、肝臓、肺などに病気をおこし、ときには敗血症リウマチとなり、生命の危険さえあります。